買い取り前の修理

クルマを手放す時、気出来るだけ綺麗にして送り出したいですよね。思い出の沢山あるクルマです。
最後はクルマの中の片付けとともに、洗車くらいはきちんとしておきたいところです。
でも、綺麗に洗車してワックス掛けでもしたならそこで気付くことがあります。
細かい傷や凹みはどうしよう、と。


今度査定を予定していると言うときに、傷や凹みがあると査定に響くのではないかと思うのは当然ですよね。
実際、傷や凹みは査定額に影響しますし、その分のマイナス査定は免れません。
ただ、そこで事前に修理をしようかと考える人もいると思いますが、一般的にはそのまま査定に出すほうがいいと言われています。


それは、傷や凹みを修理してもそれに掛かった修理代を上回る査定額のアップは期待出来ないからです。何故そうなるかはハッキリしませんが、これから中古車を買おうという人にとって、元々新車じゃないのだから、多少傷はあって当然、余り気にしても仕方がない、という発想があるからかも知れません。
そうすると買い取り業者にとっても細かい傷や凹みなどは余り売価には影響しないのかも知れません。
ただそれにも例外はあるようです。


クルマに車両保険をかけている場合です。細かい傷や凹みの修理を出してその費用が保健で払えるなら個人負担は新たに発生しませんので、査定額アップはそのままお得になります。
と言っても、車両保険を使うと、次の保険代に影響しますので、どちらがホントにお得かは、買い取り業者や保険会社の話を総合的に判断する必要があるようです。
そうなるとかなり面倒でもありますので、ここはやはり現状のまま修理無しでそのまま査定に掛ける、というのがいいのかも知れません。


それでも大事なクルマです。余り費用が掛からないなら査定額もありますが綺麗な状態にして送り出してあげたい、という気持ちもあるでしょう。
その場合は、凹みは難しいですが、細かい傷ならある程度直すことも出来ますので、試してみるのもいいでしょう。


それは、コンパウンド入りのワックスで磨くことです。
意外に綺麗に傷が目立たなくなったりしますので、これはお薦めです。試して損はないでしょう。クルマも綺麗になって一石二鳥です。


あとは目立つ傷や凹み、それから大きな修理跡がある場合です。
それは触らず、買い取り業者に正直に申告しましょう。相手はプロですのでごまかしは効きません。一応修理した方が有利かどうかの相談もして方がいいでしょう。
買い取り業者もそこは親身に相談に乗ってくれると思います。


基本的には、現状で査定に出しましょう。修理は相談した後でプラスマイナスを判断して行っても大丈夫です。場合によってはその買い取り業者側で修理も受けてくれるかも知れません。
それより査定前にはクルマを綺麗に洗車する、室内やグローブボックス、トランクの中身を取り出して綺麗にする、出来れば室内も掃除機を掛けましょう。ガソリンスタンドで掃除機を借りればオッケーです。
大事なクルマですから、査定額に影響しなくても細かい傷や凹みを修理したい、という気持ちがあれば、きっとクルマも喜んでいると思います。